選んで作るピンセットで組み立てる革財布キット「Its/Kit」

このページでは、

Kit 留めパーツ リング型の取り付け方をご紹介しています。

※ 画像は初期サンプルの為、販売中の製品と若干仕様が異なる事があります。

● パーツ数:3枚 ● 組立て所要時間:30分(目安)
STEPパーツA取り付け用の切り込みを入れる

ボタン付きフラップを財布に実装出来るパーツキット

 

カッターなどの工具を使い、取り付け位置に10mm間隔で5mmの切り込みを2箇所入れます。小銭入れなどのフラップに取り付ける場合は、画像の「A」の折り目になります。
※ こちらのパーツをご購入時に備考欄に取り付ける箇所をご記載頂ければ切り込みを入れた状態で納品致します。

 

フラップに取り付ける場合の位置

フラップに切り込みを入れる

STEPパーツAを取り付ける

開けた切り込みにパーツAを差し込み取り付けます。

まず、付属のピンセットを使い切り込みを2mm程広げます。この際、革の引き裂きにご注意ください。

 

フラップの切り込みを広げるの画像1

フラップの切り込みを広げるの画像2

 

パーツAを差し込みます。

 

リング型のボタンホールを取り付ける画像1

リング型のボタンホールを取り付ける画像2

リング型のボタンホールを取り付ける画像3

 

パーツAを取り付けた後、正円になるよう形を整えます。大きく変形してしまった場合は革を湿らせると整え易いです。

革の部位によっては、部分的に湿らせると乾燥後に水跡が残ることもありますので気になる方はパーツ全体を霧吹き等で湿らせてください。その際、湿らせ過ぎると革が伸びたり、変形しやすくなりますのでご注意が必要です。また、こちらのページで「革の湿らせ方をいくつかと、それぞれのメリット・デメリット」をご紹介していますので参考にしてください。

STEP形を作る

パーツAを取り付けた側の革を湿らせ、パーツAの形を浮き上がらせるように硬めの物でなぞります。

 

可塑性を利用したボタンホールの形成

フラップ側に湿らせて形作る

STEPボタン付け位置を印す

取り付けたパーツAを基準にボタン付け位置を印します。

フラップなどが閉じた状態でパーツAの円中心に軽く印を付けてください。

 

ボタン付け位置に穴や痕をつける

ボタン付け位置の画像

STEPボタン付け用の切り込みを入れる

印したボタン付け位置から左右に2箇所、2mm間隔で3mm程の切り込みをいれます。

 

カッターでボタンを付ける切り込みを入れる

切り込みを2箇所いれる

 
※ ボタン付け用の切り込みも、パーツご購入時に備考欄に取り付ける箇所をご記載頂ければ切り込みを入れた状態で納品致します。

STEPボタンを取り付ける

まず、ピンセットを使いボタン付け用の切り込みをつまむようにして広げます。

 

切り込みを広げる

ボタン付け用の穴の完成

 
次に、ボタンパーツBに革紐パーツCを通します。
 

革ボタンと革紐の画像

 
ボタン付け用の切り込みに革紐パーツCを通します。
 

画像のように革ボタンを取り付ける

 
この時、ボタンが1mm~2mm浮くように調整してください。
 

ボタン付けのポイント

 
通した革紐を結びます、革紐を湿らせ1回きつく結んでください。
 

裏側で革紐を結ぶ

ボタン付けのポイントその2

FINISH完成です

フラップにつけれる革ボタンの完成の画像

 

記載している手順や組立て方は一参考例です、必ずしも上記の方法で行う必要はございません、何かご不明な点などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (4 投票 / 平均値: 4.25 )
Loading...

▼ 記事「Kit 留めパーツ リング型の取り付け方」に関連する投稿記事

キットパーツの取り付け方
2012年7月6日
キットパーツの取り付け方
選んで作るピンセットで組み立てる革財布キット「Its/Kit」 このページでは、パーツの取り付け方をご紹介しています。 ※ パーツによって若干仕様が異なります。   まずはこちらのタイプから   STEPパーツを切り込みに差し込む 左右どちらからでも構いません、 パーツを取り付ける切り込み部分にパーツを差し込んでください。     片側も同じように左右の差し込み部分を差し込みます。   STEP差し込んだ部分同士を留める 続いて、差し込んだ部分同士を留めますが、方法が2通りあります。 どちらも強度はほぼ変わらないと思います。   留め方① 手前から奥に留める   留め方② 奥から手前に留める   ジョイント型のパーツなど留めた部分がみえる場合は①を、 それ以外は留めやすい②の方法をおすすめします。 (※革のアタリの出方に違いがありますので、お好みでお選びください。) 続いてこちらのタイプ   STEPパーツを切り込みに差し込む 上記のタイプと同じように パーツを取り付ける切り込み部分にパーツを差し込んでください。     こちらのタイプはこれで取り付け完了です。   長財布のパーツなども上記の手順を参考に行なってください。     何かご不明な点などがありましたらお気軽にお問い合わせください。
Kit キー入れパーツ 共通 2連型の組立て方
2013年11月29日
Kit キー入れパーツ 共通 2連型の組立て方
選んで作るピンセットで組み立てる革財布キット「Its/Kit」 このページでは、 Kit キー入れパーツ 共通 2連型の組立て方をご紹介しています。 ※ 画像は初期サンプルの為、販売中の製品と若干仕様が異なる事があります。 ● パーツ数:5枚 ● 組立て所要時間:45分(目安) STEP折る箇所を湿らせる   付属の「簡易組立順を兼ねたパターン」やパーツ表面の案内線を参考に折る箇所を湿らせる。 革の部位によっては、部分的に湿らせると乾燥後に水跡が残ることもありますので気になる方はパーツ全体を霧吹き等で湿らせてください。その際、湿らせ過ぎると革が伸びたり、変形しやすくなりますのでご注意が必要です。また、こちらのページで「革の湿らせ方をいくつかと、それぞれのメリット・デメリット」をご紹介していますので参考にしてください。 STEP折り順に従い折る(付属の簡易組立順を参照) 折り順①→②と折る、計4箇所全て山折です。   ①     ②     下の画像の切り込み部分が合うように折ってください。     厚みを抑えるため、革が重なる角部分を指で押さえ薄くします。     4箇所を折ると下の画像のようになります。     革を湿らせて折る際、指に染料がつくことがございます、気になる方はビニール手袋やゴム手袋を装着してのご製作をおすすめします。また、下に紙などを敷いてください。 STEPパーツAにパーツCを取り付ける 本体パーツAの切り込みにループパーツC(短い方)を取り付けます。ループの留めが見えないように留め位置を裏側にすると綺麗です。     留め方については、こちらの「留め方の詳しい手順」・「キットパーツの角の留め方」などを参考に、付属のピンセットを使い行ってください。   下の画像のように、ループを引っくり返して行うと留め易いです。留める際は、革の引き裂きに十分ご注意ください。     ループパーツCを取り付けた後、画像のようにループが平たくなるよう折ります。     もう1つのループパーツも同じように取り付けます。   STEPパーツAにパーツBを取り付ける 本体パーツAの切り込みに紐パーツB(細長い方)を取り付けます。鍵にパーツBを通し、パーツAの切り込みに入れます。     続いて、裏から表に紐パーツを通します。     紐パーツの長さを調節しながら、ピンセットを使うなどして結びます。     余った紐パーツはお好みでカットしてください。   FINISH完成です   「パーツの取り付け方」はこちらで詳しく説明しています。   記載している手順や組立て方は一参考例です、必ずしも上記の方法で行う必要はございません、何かご不明な点などがありましたらお気軽にお問い合わせください。
Kit カードケース ラッピング型の組立て方
2013年12月6日
Kit カードケース ラッピング型の組立て方
選んで作るピンセットで組み立てる革財布キット「Its/Kit」 このページでは、 Kit カードケース ラッピング型の組立て方をご紹介しています。 ※ 画像は初期サンプルの為、販売中の製品と若干仕様が異なる事があります。 ● パーツ数:1枚 ● 組立て所要時間:15分(目安) STEP折る箇所を湿らせる   付属の「簡易組立順を兼ねたパターン」やパーツ表面の案内線を参考に折る箇所を湿らせる。 革の部位によっては、部分的に湿らせると乾燥後に水跡が残ることもありますので気になる方はパーツ全体を霧吹き等で湿らせてください。その際、湿らせ過ぎると革が伸びたり、変形しやすくなりますのでご注意が必要です。また、こちらのページで「革の湿らせ方をいくつかと、それぞれのメリット・デメリット」をご紹介していますので参考にしてください。 STEP折り順①を折る(付属の簡易組立順を参照) 折り順①を折ります。型紙の高さ分、1辺につき2箇所の計8箇所を折ってください。     4辺を同じように折ります。     革を湿らせて折る際、指に染料がつくことがございます、気になる方はビニール手袋やゴム手袋を装着してのご製作をおすすめします。また、下に紙などを敷いてください。 FINISH完成です 折った部分の右側を下に、左側を上に互い違いに重ねて完成です。     取り付けパーツの場合はこちらの「パーツの取り付け方」を参考にお取り付けください。   記載している手順や組立て方は一参考例です、必ずしも上記の方法で行う必要はございません、何かご不明な点などがありましたらお気軽にお問い合わせください。
Kit 外装パーツ 三つ折りシングル型の組立て方
2013年10月12日
Kit 外装パーツ 三つ折りシングル型の組立て方
選んで作るピンセットで組み立てる革財布キット「Its/Kit」 このページでは、 Kit 外装パーツ 三つ折りシングル型の組立て方をご紹介しています。説明に使用している画像はKit 外装パーツ 小型ケース用 三つ折りシングル型のものです。 ※ 画像は初期サンプルの為、販売中の製品と若干仕様が異なる事があります。 ● パーツ数:1枚 ● 組立て所要時間:15分(目安) STEP折る箇所を湿らせる パーツを付属の「簡易組立順を兼ねたパターン」やパーツ表面の案内線を参考に折る箇所を湿らせる。     革の部位によっては、部分的に湿らせると乾燥後に水跡が残ることもありますので気になる方はパーツ全体を霧吹き等で湿らせてください。その際、湿らせ過ぎると革が伸びたり、変形しやすくなりますのでご注意が必要です。また、こちらのページで「革の湿らせ方をいくつかと、それぞれのメリット・デメリット」をご紹介していますので参考にしてください。 STEPパーツを取り付ける 裏側(スエード側/ザラザラしている方)からパーツを取り付けます。「パーツの取り付け方」はこちらで詳しく説明しています。   FINISH完成です パーツを付けたら、折り曲げて完成です。こちらのページ「折り曲げ方による雰囲気の違い」をご参考ください。     記載している手順や組立て方は一参考例です、必ずしも上記の方法で行う必要はございません、何かご不明な点などがありましたらお気軽にお問い合わせください。
Kit 札入れパーツ 長財布用 アコーディオン型の組立て方
2013年12月24日
Kit 札入れパーツ 長財布用 アコーディオン型の組立て方
選んで作るピンセットで組み立てる革財布キット「Its/Kit」 このページでは、 Kit 札入れパーツ 長財布用 アコーディオン型の組立て方をご紹介しています。こちらのカード入れバージョンの組み立て方にも共通する部分がありますので参考にしてください。 ※ 画像は初期サンプルの為、販売中の製品と若干仕様が異なる事があります。 ● パーツ数:2枚   ● 組立て所要時間:30分(目安) STEP折る箇所を湿らせる   付属の「簡易組立順を兼ねたパターン」やパーツ表面の案内線を参考に折る箇所を湿らせる。   革の部位によっては、部分的に湿らせると乾燥後に水跡が残ることもありますので気になる方はパーツ全体を霧吹き等で湿らせてください。その際、湿らせ過ぎると革が伸びたり、変形しやすくなりますのでご注意が必要です。また、こちらのページで「革の湿らせ方をいくつかと、それぞれのメリット・デメリット」をご紹介していますので参考にしてください。 STEP折り順に従い折る(付属の簡易組立順を参照) 折り順①→②→③と折ります。   ① パーツA山折1箇所、パーツB山折2箇所。     ② 山折4箇所。     90°山折1辺2箇所。     折り目をつけたら、組み立ての為に一度戻します。     革を湿らせて折る際、指に染料がつくことがございます、気になる方はビニール手袋やゴム手袋を装着してのご製作をおすすめします。また、下に紙などを敷いてください。 STEP「A」を留める パーツAの「A」の部分を留めます、付属のピンセットを使い、こちらの「留め方の詳しい手順」などを参考に行なってください。     パーツを留める際は、革の引き裂きにご注意が必要です。強く引っ張たりせず、付属のピンセットを使うなどして上手く留めてください。 STEPパーツAをパーツBに差し込む パーツAをパーツBの切り込みに差し込みます。     パーツAに入った5mmの切り込みの位置まで差し込んで留めてください。     計2箇所です。   STEP差し込んだ部分を留める 差し込んだパーツAの部分を留めます。   STEP「B」に差し込む 先程と同じ要領で、パーツBをパーツAの「B」の切り込みに差し込みます。   STEP「C」を留める 差し込んだパーツBの「C」部分を留めます。   FINISH完成です   「パーツの取り付け方」はこちらで詳しく説明しています。   記載している手順や組立て方は一参考例です、必ずしも上記の方法で行う必要はございません、何かご不明な点などがありましたらお気軽にお問い合わせください。
投稿記事の一覧を表示