こちらのページでは、

選んで作るピンセットで組み立てる革財布キット「Its/Kit」組立て時の

革の湿らせ方をいくつかと、それぞれメリット・デメリットをご紹介しています。

※常温の水をお使いください、お湯の使用は革が縮む原因になります。

 

 

How to折る箇所のみ湿らせる

折り位置の案内線などを目印に、折る箇所のみをハケ等を使い湿らせる方法です。

 

薄さ ★★★☆☆
正確さ ★★★☆☆
折りやすさ ★★★☆☆
準備 ★★☆☆☆

 

メリット

● 部分的に湿らせるので革の変形が少ない。

● 折る箇所を湿らせることで折りやすくなる。

 

デメリット

● 湿らせた部分がムラになる可能性がある。

● ハケ等の用意や、水を使うので手やテーブル等へ色移りしないよう準備がいる。

● 組立て中に乾いていくので、折る箇所をその都度湿らせる必要がある。

How to浸水させ全体を湿らせる

革を水に浸し、パーツ全体を湿らせる方法です。

 

薄さ ★★★★★
正確さ ★☆☆☆☆
折りやすさ ★★★★☆
準備 ★★★☆☆

 

メリット

● 全体を湿らせるので折りやすい。

● 革を圧縮しやすく、折り目を薄く仕上げることができる。

 

デメリット

● 浸水時に革が伸び縮みしたり、組立て時に変形しやすくなる。

● 水を使うので手やテーブル等へ色移りしないよう準備がいる。

● パーツ表面の折り案内線が消えると正確に折りづらくなる。

How to霧吹きで全体を湿らせる

革に霧吹きで水を吹きかけ、パーツ全体を湿らせる方法です。

 

薄さ ★★★★☆
正確さ ★★☆☆☆
折りやすさ ★★★★☆
準備 ★★☆☆☆

 

メリット

● 全体を湿らせるので折りやすい。

● 目的にあわせて湿り具合を調整できる。

 

デメリット

● 湿らせ過ぎると、組立て時に革が伸び縮みしたり変形しやすくなる。

● 霧吹きの用意や、水を使うので手やテーブル等へ色移りしないよう準備がいる。

● パーツ表面の折り案内線が消えて折りづらくなる可能性がある。

How to乾いた状態で組立てる

パーツを湿らせず、乾いた状態のままパーツを組立てる方法です。

 

薄さ ★☆☆☆☆
正確さ ★★★★☆
折りやすさ ★☆☆☆☆
準備 ★★★★★

 

メリット

● ソフトな仕上がりになる。

● ほとんど革の変形がない。

● 特に準備が必要ない。

 

デメリット

● 乾いているので折りづらく、折り目に厚みがでる。

● 組立て時に、爪跡や引っかき跡がつきやすい。

 

 

 

 

 

何かご不明な点や気になる事などありましたらお気軽にお問い合わせください。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 投票 / 平均値: 5.00 )
Loading...

▼ 記事「革の湿らせ方、それぞれのメリットとデメリット」に関連する投稿記事

Kit 札入れ マネークリップ バンド型の組立て方
2013年8月26日
Kit 札入れ マネークリップ バンド型の組立て方
選んで作るピンセットで組み立てる革財布キット「Its/Kit」 このページでは、 Kit 札入れ マネークリップ バンド型の組立て方をご紹介しています。 ※ 画像は初期サンプルの為、販売中の製品と若干仕様が異なる事があります。 ● パーツ数:4枚 ● 組立て所要時間:30分(目安) STEP折る箇所を湿らせる   パーツを付属の「簡易組立順を兼ねたパターン」やパーツ表面の案内線を参考に折る箇所を湿らせる。 革の部位によっては、部分的に湿らせると乾燥後に水跡が残ることもありますので気になる方はパーツ全体を霧吹き等で湿らせてください。その際、湿らせ過ぎると革が伸びたり、変形しやすくなりますのでご注意が必要です。また、こちらのページで「革の湿らせ方をいくつかと、それぞれのメリット・デメリット」をご紹介していますので参考にしてください。 STEP折り順①を折る(付属の簡易組立順を参照) 折り順①、計2箇所を折ります。全て山折です。     下の画像のように、四角く入った切り込みが合うように折ってください。     革を湿らせて折る際、指に染料がつくことがございます、気になる方はビニール手袋やゴム手袋を装着してのご製作をおすすめします。また、下に紙などを敷いてください。 STEP折り順②を折る(付属の簡易組立順を参照) 折り順②、計4箇所を折ります。全て90°山折です。   STEPパーツAにパーツBを留める パーツAの切り込みにパーツBを画像のように差し込み留めます。     差し込みづらい場合は、こちらの「留め方の詳しい手順」などを参考に、一度パーツBを折ってから差し込んでください。     同じように左右パーツAにパーツBを留めます。   STEP折り順③を折る 差し込んだパーツBを外側に折ります。2箇所全て山折です。   STEP残りのパーツAと留める 同じ要領で残りのパーツAとパーツBを組みます。   FINISH完成です   記載している手順や組立て方は一参考例です、必ずしも上記の方法で行う必要はございません、何かご不明な点などがありましたらお気軽にお問い合わせください。
Kit カード入れパーツ 共通 フラットジョイント型の組立て方
2013年9月2日
Kit カード入れパーツ 共通 フラットジョイント型の組立て方
選んで作るピンセットで組み立てる革財布キット「Its/Kit」 このページでは、 Kit カード入れパーツ 共通 フラットジョイント型の組立て方をご紹介しています。 ※ 画像は初期サンプルの為、販売中の製品と若干仕様が異なる事があります。 ● パーツ数:1枚 ● 組立て所要時間:30分(目安) STEP折る箇所を湿らせる   付属の「簡易組立順を兼ねたパターン」やパーツ表面の案内線を参考に折る箇所を湿らせる。また、こちらのパーツには他のパーツが取り付けられます。こちらの「パーツの取り付け方」を参考に先にパーツを取り付けてから組み立ててください。   革の部位によっては、部分的に湿らせると乾燥後に水跡が残ることもありますので気になる方はパーツ全体を霧吹き等で湿らせてください。その際、湿らせ過ぎると革が伸びたり、変形しやすくなりますのでご注意が必要です。また、こちらのページで「革の湿らせ方をいくつかと、それぞれのメリット・デメリット」をご紹介していますので参考にしてください。 STEP折り順に従い折る(付属の簡易組立順を参照) 折り順①→②と折る、計4箇所全て山折です。   ①     表から見たときに綺麗に見えるよう、画像のように1mm~2mm程控えて折ります。     ②     下の画像のように、角が合うように折ってください。     革を湿らせて折る際、指に染料がつくことがございます、気になる方はビニール手袋やゴム手袋を装着してのご製作をおすすめします。また、下に紙などを敷いてください。 STEP「A」と「B」を留める 「A」の部分と「B」の部分を計2箇所留めます。     付属のピンセットを使い、こちらの「留め方の詳しい手順」などを参考に行なってください。   FINISH完成です   「パーツの取り付け方」はこちらで詳しく説明しています。   記載している手順や組立て方は一参考例です、必ずしも上記の方法で行う必要はございません、何かご不明な点などがありましたらお気軽にお問い合わせください。
Kit 外装パーツ フラット型の組立て方
2013年8月5日
Kit 外装パーツ フラット型の組立て方
選んで作るピンセットで組み立てる革財布キット「Its/Kit」 このページでは、 Kit 外装パーツ フラット型の組立て方をご紹介しています。説明に使用している画像は主にKit 外装パーツ 小型ケース用 フラット型のものです。 ※ 画像は初期サンプルの為、販売中の製品と若干仕様が異なる事があります。 ● パーツ数:2枚 ● 組立て所要時間:30分(目安) STEP折る箇所を湿らせる パーツを付属の「簡易組立順を兼ねたパターン」やパーツ表面の案内線を参考に折る箇所を湿らせる。     革の部位によっては、部分的に湿らせると乾燥後に水跡が残ることもありますので気になる方はパーツ全体を霧吹き等で湿らせてください。その際、湿らせ過ぎると革が伸びたり、変形しやすくなりますのでご注意が必要です。また、こちらのページで「革の湿らせ方をいくつかと、それぞれのメリット・デメリット」をご紹介していますので参考にしてください。 STEP折り順①を折る(付属の簡易組立順を参照) 折り順①を折ります。パーツAとパーツB合わせて山折計8箇所。 パーツA 山折4箇所。     ひとつの辺を折り、続いて隣接する2辺を角が合うように折ります。     続けて、最後の辺を隙間があかないように折ります。     パーツB 同じようにパーツBも折ります。山折4箇所。   STEPパーツAとパーツBを留める パーツAとパーツBを留めます、こちらの「留め方の詳しい手順」などを参考に行なってください。小型ケース用・二つ折り財布用・長財布用により工程が異なります。   小型ケース・長財布用の場合 片側だけ先に留めます。小型ケースは1箇所、長財布は3箇所です。     もう片側を留める前にパーツを取り付けます、こちらの「パーツの取り付け方」などを参考に行なってください。     パーツを取り付けた後、パーツAとパーツBのもう片側を留めます。(画像は組み立て説明用なのでパーツは取り付けていません)     二つ折り財布用の場合 パーツAとパーツBを留めます。片側2箇所、計4箇所です。     取り付けるパーツを差し込み、付属のピンセットなどを使いパーツの裏側を留めます。   STEP「A」を留める 「A」の部分を留めます、こちらの「キットパーツの角の留め方」などを参考に行ってください。     表から見えないようにパーツBを1mm程控えます。     両側、計2箇所を留めます。   STEP外装を折る パーツBとの段差を案内に外装を折ります。     指でつまむようにしてエッジを作ります。   FINISH完成です   記載している手順や組立て方は一参考例です、必ずしも上記の方法で行う必要はございません、何かご不明な点などがありましたらお気軽にお問い合わせください。
Kit 外装パーツ 三つ折りシングル型の組立て方
2013年10月12日
Kit 外装パーツ 三つ折りシングル型の組立て方
選んで作るピンセットで組み立てる革財布キット「Its/Kit」 このページでは、 Kit 外装パーツ 三つ折りシングル型の組立て方をご紹介しています。説明に使用している画像はKit 外装パーツ 小型ケース用 三つ折りシングル型のものです。 ※ 画像は初期サンプルの為、販売中の製品と若干仕様が異なる事があります。 ● パーツ数:1枚 ● 組立て所要時間:15分(目安) STEP折る箇所を湿らせる パーツを付属の「簡易組立順を兼ねたパターン」やパーツ表面の案内線を参考に折る箇所を湿らせる。     革の部位によっては、部分的に湿らせると乾燥後に水跡が残ることもありますので気になる方はパーツ全体を霧吹き等で湿らせてください。その際、湿らせ過ぎると革が伸びたり、変形しやすくなりますのでご注意が必要です。また、こちらのページで「革の湿らせ方をいくつかと、それぞれのメリット・デメリット」をご紹介していますので参考にしてください。 STEPパーツを取り付ける 裏側(スエード側/ザラザラしている方)からパーツを取り付けます。「パーツの取り付け方」はこちらで詳しく説明しています。   FINISH完成です パーツを付けたら、折り曲げて完成です。こちらのページ「折り曲げ方による雰囲気の違い」をご参考ください。     記載している手順や組立て方は一参考例です、必ずしも上記の方法で行う必要はございません、何かご不明な点などがありましたらお気軽にお問い合わせください。
Kit キーカバー スタンダード型の組立て方
2013年11月21日
Kit キーカバー スタンダード型の組立て方
選んで作るピンセットで組み立てる革財布キット「Its/Kit」 このページでは、 Kit キーカバー スタンダード型の組立て方をご紹介しています。 ※ 画像は初期サンプルの為、販売中の製品と若干仕様が異なる事があります。 ● パーツ数:2枚 ● 組立て所要時間:15分(目安) STEP折る箇所を湿らせる   パーツを付属の「簡易組立順を兼ねたパターン」やパーツ表面の案内線を参考に折る箇所を湿らせる。 革の部位によっては、部分的に湿らせると乾燥後に水跡が残ることもありますので気になる方はパーツ全体を霧吹き等で湿らせてください。その際、湿らせ過ぎると革が伸びたり、変形しやすくなりますのでご注意が必要です。また、こちらのページで「革の湿らせ方をいくつかと、それぞれのメリット・デメリット」をご紹介していますので参考にしてください。 STEP折り順①を折る(付属の簡易組立順を参照) 折り順①、計2箇所を折ります。全て90°山折です。     革を湿らせて折る際、指に染料がつくことがございます、気になる方はビニール手袋やゴム手袋を装着してのご製作をおすすめします。また、下に紙などを敷いてください。 STEP鍵を差し込む 折ったパーツAに鍵を差し込みます。   STEP革紐を通す 鍵のストラップ穴にパーツBの革紐を通します。   STEP革紐を結ぶ 通した革紐を結びます。結びの方法に決まりはないです。   FINISH完成です     記載している手順や組立て方は一参考例です、必ずしも上記の方法で行う必要はございません、何かご不明な点などがありましたらお気軽にお問い合わせください。
投稿記事の一覧を表示