前回の記事で紹介した、「革だけで作る財布の作り方」

縫製やボンディング、金具での留めなど行わず、レザーオンリーで財布を作る。

という試み。

 

 

組み立てる際は、ミシンも針もハサミも必要なく、手ひとつでの作り方、

まさにハンドメイドな革の財布。

 

 

今回はそのパーツのひとつ、カードケース部分の作り方についてです。

 

皮財布をハンドメイドな作り方で自作する

 

まずは、裁断した各パーツを並べてシュミレーション

 

ハンドメイドなウォレットの作り方

 

作り方を確認しながら並べてみる。

 

手作りできる財布キットの作り方はまさにハンドメイド

 

パーツが各々切り抜かれているのは、厚さ軽減のため。

なるべく革が重ならないように工夫。

 

ハンドメイドで組み立てる革財布の作り方

 

長財布専用の、カードが10枚入る仕様のパーツ。

 

革財布をハンドメイドな作り方で作る方法

 

イメージトレーニングが完了したら、一度染色、

乾かないうちに、折る箇所を一通り折る。

 

作り方の工程その2ハンドメイド財布を染色

 

今度は、伸びを防ぐため乾くのを待ってから組みあげる。

 

ハンドメイドな財布自作キットの作り方

 

そして完成した財布が下の画像、

 

長財布のハンドメイドな作り方を公開

 

手作業ならではの真っ直ぐ過ぎない直線が、ハンドメイドなアイテム。

 

 

こちらでは縫わない二つ折り財布の型紙が無料ダウンロードできます。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2 投票 / 平均値: 5.00 )
Loading...

▼ 記事「ハンドメイドで仕立てる財布の新しい作り方」に関連する投稿記事

投稿記事の一覧を表示