前回のひとつの革パーツから作る長財布の型紙修正の記事で

パワーアップしたユニークパターン長財布を組み立てた画像。

 

小銭入れなしのユニークな財布を作れる自作キット

 

札入れスペースのマチ部分や重なりによる厚みの調整、

型崩れへの対策をしました。

 

 

 

まとめちゃうと変わり映えはゼロ。

 

 

 

ただパワーアップしたことは確かです。

▼ 記事「ユニークなパターンから作る札入れとカード入れ」に関連する投稿記事

Kit 札・カード入れパーツ 長財布用 ユニークパターン型2.0の組立て方②
2014年1月15日
Kit 札・カード入れパーツ 長財布用 ユニークパターン型2.0の組立て方②
Kit 札・カード入れパーツ 長財布用 ユニークパターン型の組立て方②
2012年7月30日
Kit 札・カード入れパーツ 長財布用 ユニークパターン型の組立て方②
選んで作るピンセットで組み立てる革財布キット「Its/Kit」 このページでは、 Kit 札・カード入れパーツ 長財布用 ユニークパターン型の組立て方をご紹介しています。前回記事「Kit 札・カード入れパーツ ロングウォレット用 ユニークパターン型の組立て方①」とあわせてお読みください。 ※ 画像は初期サンプルの為、販売中の製品と若干仕様が異なる事があります。 STEPパーツ部分を表側に出す 中心の開きからパーツ部分を表側に出します。     引き出すパーツは裏側から見て、左にある方です。   STEP片側のパーツ部分も表側に引き出す もう片側のパーツ部分も中心の切り込みから、表側に引き出します。     無理矢理引き出すと、革が引き裂ける可能性がございます。パーツを一時的に折るなどして慎重に引き出してください。     引き出した後、パーツを整えてください。湿らせると整形しやすいです。   STEP「G」と「H」を留める 「G」を「H」の切り込みに留めてください。     留めた箇所を裏側から見ると下の画像のようになります。   STEP「I」と「J」を留める 「I」の部分と「J」の部分を留めます。     凸と凹の形があり、凸を凹に手前側から奥側に交互に計3箇所差し込みます。   STEP折り順⑥を折る 折り順⑥、4箇所・計8回折ります。   STEP「K」と「L」を留める 「K」を「L」の切り込みに差し込んで計4箇所留めてください。   STEP「M」と「N」を留める 「M」を「N」の切り込みに留めてください。   STEPスエード部分にかぶせる 折り順①で折った下の部分を一度戻し、スエード部分を覆うように折り直す。   FINISH完成です   「パーツの取り付け方」はこちらで詳しく説明しています。   記載している手順や組立て方は一参考例です、必ずしも上記の方法で行う必要はございません、何かご不明な点などがありましたらお気軽にお問い合わせください。
投稿記事の一覧を表示