使っている財布のタイプでその人の心理がわかるみたい。男性編。

 

 

 

長財布

● 自意識過剰

● 見栄っ張り

● B型っぽい

● 紳士的かつオシャレ

 

 

二つ折り財布

● 要領がいい

● 協調性がある

●八方美人

 

 

マネークリップ

● 合理的

● 大雑把

● 見た目より内面重視

● O型っぽい

 

 

小銭れのみ

● 見た目より効率重視

● 堅実的

● 理屈っぽい

 

 

カードケースのみ

● ミーハー

● 博識タイプ

● 理想主義者

● バイタリティに溢れる

 

 

いつでも使える財布の心理テスト

 

 

長財布の人はあんまイイとこない感じになった、すみません

● 前回記事:「財布の色の意味」はこちら

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 投票 / 平均値: 4.00 )
Loading...

▼ 記事「使っている財布から読み取れる心理」に関連する投稿記事

財布の色の意味
2011年11月11日
財布の色の意味
栃木レザーで財布を作ろうと思ってから早1ヵ月。   染色で色をイロイロ試してみたり、濃度や組み合わせが無数にありすぎて なかなか次のステップ進めないもどかしさあり。     それはさておき、     調べてみたら財布の色って風水的に色々な意味があるようで、 例えば、ブラウン。   ブラウンは土色ってことで、その場に落ち着く=とどまるということでお金が貯まるらしい。   みたいな。           色の金運一覧はこんな感じ。ちなみに僕は黒使ってます。   白(ホワイト) マイナスパワーを浄化する力がある。今までお金が貯まらないという人におすすめ。 黒(ブラック) 太陽の熱を一番吸収するように、お金を引き寄せる効果も強いそうです。 茶(ブラウン) 土の気を持っている色でブラウンやベージュは、お金が居着く、とどまり、貯まる。 黄(イエロー) 金運アップの色に最適、淡い色は一般的、濃い色は集める力が強いが出ていく力もある。 赤(レッド) 火を表しお金を燃やす色。衝動買いしてしまう色でお金が貯まりにくくなる傾向アリ。 桃(ピンク) 自分の夢や目標の為にお金が育ち、人間関係も良くなるのでおすすめのカラー。ただし女性のみ。 青(ブルー) 青色は水を表すので、お金を流してしまうと言われ、避けたほうが良いとされている。 緑(グリーン) お金を溜め込む力は強いが、使いたい時にも使えなくなってしまうかも。 金(ゴールド) 黄色の強化版。エネルギー吸収後ため込む力がある。風水では太陽を表しエネルギーはマックス。     {赤い財布をプレゼントして金運がどうとかで返却されたことあったな)       ●前回記事:「財布購入前に知っておきたい3つのポイント」はこちら
投稿記事の一覧を表示