財布の型紙制作時に役立つ、数学のお話。

 

 

たまに型紙を作成していると、線の長さを求めたい時があるかと思いますが

下の図、中学校で習った三平方の定理を用いれば

簡単に求める事が可能です。

 

 

頭のイイ財布の作り方、型紙に数学を用いる

 

上の三角形は、1:2:√3の比率ですが、

三平方の定理はどの三角形にも当てはまり値を求めることができます。

 

例えばa=15cm、b=7cmだとしたら

15×15+7×7=274  この値をルートに入れて

√274=16.5529453572………………  というわけでおよそc=16.5cm。

 

 

 

こちらの三平方を用いる一番のメリットは「数学を使った」という

満足感です。日常生活で是非、試してみてください。

 

おまけの数学法則もどうぞ ↓

 

型紙に利用できる法則

 

 

 

●こちらでは実際に定理を用いた型紙公開中:コインケースの作り方・型紙編

●こちらでは二つ折り財布の型紙がダウンロード可能です。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...

▼ 記事「財布の型紙作りに使える数学」に関連する投稿記事

投稿記事の一覧を表示