選んで作るピンセットで組み立てる革財布キット「Its/Kit」

このページでは、

Kit 札入れ マネークリップ バンド型の組立て方をご紹介しています。

※ 画像は初期サンプルの為、販売中の製品と若干仕様が異なる事があります。

● パーツ数:4枚 ● 組立て所要時間:30分(目安)

STEP折る箇所を湿らせる

革のマネークリップの自作キット

 

パーツを付属の「簡易組立順を兼ねたパターン」やパーツ表面の案内線を参考に折る箇所を湿らせる。

革の部位によっては、部分的に湿らせると乾燥後に水跡が残ることもありますので気になる方はパーツ全体を霧吹き等で湿らせてください。その際、湿らせ過ぎると革が伸びたり、変形しやすくなりますのでご注意が必要です。また、こちらのページで「革の湿らせ方をいくつかと、それぞれのメリット・デメリット」をご紹介していますので参考にしてください。

STEP折り順①を折る(付属の簡易組立順を参照)

折り順①、計2箇所を折ります。全て山折です。

 

レザーマネークリップの端側の革パーツ

 

下の画像のように、四角く入った切り込みが合うように折ってください。

 

レザーマネークリップのディテール画像

 

革を湿らせて折る際、指に染料がつくことがございます、気になる方はビニール手袋やゴム手袋を装着してのご製作をおすすめします。また、下に紙などを敷いてください。

STEP折り順②を折る(付属の簡易組立順を参照)

折り順②、計4箇所を折ります。全て90°山折です。

 

革のマネークリップのサイドキャップの革パーツ

STEPパーツAにパーツBを留める

パーツAの切り込みにパーツBを画像のように差し込み留めます。

 

マネークリップの革キットの組み方

 

差し込みづらい場合は、こちらの「留め方の詳しい手順」などを参考に、一度パーツBを折ってから差し込んでください。

 

マネークリップの革キットの詳しい留め方1の画像

マネークリップの革キットの詳しい留め方2の画像

 

同じように左右パーツAにパーツBを留めます。

 

STEP折り順③を折る

差し込んだパーツBを外側に折ります。2箇所全て山折です。

 

マネークリップの縫わないキットの工程後半

STEP残りのパーツAと留める

同じ要領で残りのパーツAとパーツBを組みます。

 

横から見たマネークリップのディテール画像

FINISH完成です

革でつくるマネークリップの自作キットの完成図の画像

 

記載している手順や組立て方は一参考例です、必ずしも上記の方法で行う必要はございません、何かご不明な点などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

▼ 記事「Kit 札入れ マネークリップ バンド型の組立て方」に関連する投稿記事

Kit 小銭入れ マネーボックス型の組立て方
2013年10月5日
Kit 小銭入れ マネーボックス型の組立て方
選んで作るピンセットで組み立てる革財布キット「Its/Kit」 このページでは、 Kit 小銭入れ マネーボックス型の組立て方をご紹介しています。 ※ 画像は初期サンプルの為、販売中の製品と若干仕様が異なる事があります。 ● パーツ数:2枚 ● 組立て所要時間:45分(目安) STEP折る箇所を湿らせる   付属の「簡易組立順を兼ねたパターン」やパーツ表面の案内線を参考に折る箇所を湿らせる。   革の部位によっては、部分的に湿らせると乾燥後に水跡が残ることもありますので気になる方はパーツ全体を霧吹き等で湿らせてください。その際、湿らせ過ぎると革が伸びたり、変形しやすくなりますのでご注意が必要です。また、こちらのページで「革の湿らせ方をいくつかと、それぞれのメリット・デメリット」をご紹介していますので参考にしてください。 STEP折り順に従い折る(付属の簡易組立順を参照) 折り順①→②→③→④と折ります。   ① 2mmの高さになるよう①を2箇所、計4折り目を90°山折で折りフック状にします。     ② 山折4箇所     ③ 谷折2箇所     ③ 90°山折4箇所     革を湿らせて折る際、指に染料がつくことがございます、気になる方はビニール手袋やゴム手袋を装着してのご製作をおすすめします。また、下に紙などを敷いてください。 STEPパーツAとパーツBをつなげる 付属のピンセットを使いパーツAとパーツBをつなげます、こちらの「留め方の詳しい手順」などを参考に行なってください。     入れたフック部分は綺麗に整えてください。     片側を留め終わったら、もう片側も留めます。   STEP「A」を留める 「A」の部分を計4箇所留めます。     留めると下の画像のようになります。   STEP「B」を留める 「B」の部分を1箇所留めます。   STEP「C」を留める 「C」の部分を計2箇所留めます。折り曲げた「C」の部分を小銭入口に入れ引っ掛けるようにして留めてください。   STEPマチを作る 画像のように折り、マチを作ります。画像では長い辺の方を折っていますが、これが短い方の辺でも機能的には変わりありません。お好みでお選びください。   FINISH完成です   記載している手順や組立て方は一参考例です、必ずしも上記の方法で行う必要はございません、何かご不明な点などがありましたらお気軽にお問い合わせください。
Kit 札・カード入れパーツ 長財布用 ユニークパターン型の組立て方①
2012年7月30日
Kit 札・カード入れパーツ 長財布用 ユニークパターン型の組立て方①
選んで作るピンセットで組み立てる革財布キット「Its/Kit」 このページでは、 Kit 札・カード入れパーツ 長財布用 ユニークパターン型の組立て方をご紹介しています。 ※ 画像は初期サンプルの為、販売中の製品と若干仕様が異なる事があります。 ● パーツ数:1枚 ● 組立て所要時間:60分(目安) STEP折る箇所を湿らせる   付属の「簡易組立順を兼ねたパターン」やパーツ表面の案内線を参考にハケで(裏面スエード側から)折る箇所を湿らせる。     革の部位によっては、部分的に湿らせると乾燥後に水跡が残ることもありますので気になる方はパーツ全体を霧吹き等で湿らせてください。その際、湿らせ過ぎると革が伸びたり、変形しやすくなりますのでご注意が必要です。また、こちらのページで「革の湿らせ方をいくつかと、それぞれのメリット・デメリット」をご紹介していますので参考にしてください。 STEP折り順①を折る(付属の簡易組立順を参照) 折り順①、計2箇所を折ります。全て山折です。     革を湿らせて折る際、指に染料がつくことがございます、気になる方はビニール手袋やゴム手袋を装着してのご製作をおすすめします。また、下に紙などを敷いてください。 STEP折り順②を折る 折り順②、計7箇所を折ります。こちらも全て山折です。     こちらの長財布用パーツは、革の重なりが多いので一つ一つの折りを薄く仕上げていくことをおすすめします。   STEP折り順に従い折る 折り順③→④→⑤と折ります。折り順③は計4箇所、全て谷折です。折り順④は計4箇所、折り順⑤は計2箇所、どちらも全て山折です。     続いて折り順⑤を折ります。。     両側を同じ手順で、計10箇所を折り下の画像のようにします。   STEP「A」と「B」を留める 「A」を「B」の切り込みに留めてください。     こちらの「留め方の詳しい手順」などを参考に行なってください。     パーツを留める際は、革の引き裂きにご注意が必要です。強く引っ張たりせず、付属のピンセットを使うなどして上手く留めてください。 STEP「C」と「D」を留める 「C」を「D」の切り込みに差し込んで計4箇所留めてください。     留めた箇所を裏側から見ると下の画像のようになります。   STEP「E」と「F」を留める 「E」を「F」の切り込みに留めてください。     留めた箇所を裏側から見ると下の画像のようになります。     ▶ 次のページ「Kit 札・カード入れパーツ 長財布用 ユニークパターン型の組立て方②」に続きます。
Kit 札入れパーツ 二つ折り財布用 ジョイント型2.0の組立て方
2013年9月17日
Kit 札入れパーツ 二つ折り財布用 ジョイント型2.0の組立て方
選んで作るピンセットで組み立てる革財布キット「Its/Kit」 このページでは、 Kit 札入れパーツ 二つ折り財布用 ジョイント型2.0の組立て方をご紹介しています。こちらの前バージョンの組み立て方も参考にしてください。 ※ 画像は初期サンプルの為、販売中の製品と若干仕様が異なる事があります。 ● パーツ数:1枚 ● 組立て所要時間:30分(目安) STEP折る箇所を湿らせる   付属の「簡易組立順を兼ねたパターン」やパーツ表面の案内線を参考に折る箇所を湿らせる。   革の部位によっては、部分的に湿らせると乾燥後に水跡が残ることもありますので気になる方はパーツ全体を霧吹き等で湿らせてください。その際、湿らせ過ぎると革が伸びたり、変形しやすくなりますのでご注意が必要です。また、こちらのページで「革の湿らせ方をいくつかと、それぞれのメリット・デメリット」をご紹介していますので参考にしてください。 STEP折り順に従い折る(付属の簡易組立順を参照) 折り順①→②と折る、計5箇所全て山折です。   ①     下の画像のように、上下がつき合うように折ってください。     ②     下の画像のように、角が合うように折ってください。     革を湿らせて折る際、指に染料がつくことがございます、気になる方はビニール手袋やゴム手袋を装着してのご製作をおすすめします。また、下に紙などを敷いてください。 FINISH完成です   こちらのパーツには他のパーツが取り付けられます。「パーツの取り付け方」はこちらで詳しく説明しています。   記載している手順や組立て方は一参考例です、必ずしも上記の方法で行う必要はございません、何かご不明な点などがありましたらお気軽にお問い合わせください。
Kit 小銭入れパーツ 共通 フラップ型の組立て方
2012年7月19日
Kit 小銭入れパーツ 共通 フラップ型の組立て方
選んで作るピンセットで組み立てる革財布キット「Its/Kit」 このページでは、 Kit 小銭入れパーツ 共通 フラップ型の組立て方をご紹介しています。 ※ 画像は初期サンプルの為、販売中の製品と若干仕様が異なる事があります。 ● パーツ数:1枚 ● 組立て所要時間:30分(目安) STEP折る箇所を湿らせる   パーツを付属の「簡易組立順を兼ねたパターン」やパーツ表面の案内線を参考にハケで(裏面スエード側から)折る箇所を湿らせる。     革の部位によっては、部分的に湿らせると乾燥後に水跡が残ることもありますので気になる方はパーツ全体を霧吹き等で湿らせてください。その際、湿らせ過ぎると革が伸びたり、変形しやすくなりますのでご注意が必要です。また、こちらのページで「革の湿らせ方をいくつかと、それぞれのメリット・デメリット」をご紹介していますので参考にしてください。 STEP折り順①を折る(付属の簡易組立順を参照) 折る部分は計3箇所、全て山折です。     革を湿らせて折る際、指に染料がつくことがございます、気になる方はビニール手袋やゴム手袋を装着してのご製作をおすすめします。また、下に紙などを敷いてください。 STEP折り順②とマチ部分を折る 折る部分は計7箇所、こちらも全て山折です(付属の折り順と多少異なります、どちらの手順でもかまいません)。     上記の順序で両方のマチ部分を折り、下の画像のようにします。   STEP残りの折り順④を折る 小銭入れの底マチ部分になります、計2箇所を折ります。   STEP「A」と「B」を留める 「A」を「B」の切り込みに留めてください。 ※ 追記:2012.7.19 厚み軽減の為、下記箇所の修正を行いました、お手元の製品と違いがあるかと思いますが、組立て手順は同じです。     こちらの「留め方の詳しい手順」などを参考に行なってください。     両側、計2箇所を留めてください。     パーツを留める際は、革の引き裂きにご注意が必要です。強く引っ張たりせず、付属のピンセットを使うなどして上手く留めてください。 STEP「C」と「D」を留める 「C」と「D」を留めます。     手前側から奥側へ「C」を「D」の切り込みに差し込んで留めてください。小銭入れ裏のポケットが出来ます。     両側、計2箇所を留めてください。   FINISH完成です 前後していますが、フラップ部分の組立て順③を折って完成です。   フラップは画像のように、カーブさせて膨らみを持たせて折ってください。目安としてフラップの長さが5mm程短くなる程度です。     「パーツの取り付け方」はこちらで詳しく説明しています。   記載している手順や組立て方は一参考例です、必ずしも上記の方法で行う必要はございません、何かご不明な点などがありましたらお気軽にお問い合わせください。
Kit 札入れパーツ 長財布用 アコーディオン型の組立て方
2013年12月24日
Kit 札入れパーツ 長財布用 アコーディオン型の組立て方
選んで作るピンセットで組み立てる革財布キット「Its/Kit」 このページでは、 Kit 札入れパーツ 長財布用 アコーディオン型の組立て方をご紹介しています。こちらのカード入れバージョンの組み立て方にも共通する部分がありますので参考にしてください。 ※ 画像は初期サンプルの為、販売中の製品と若干仕様が異なる事があります。 ● パーツ数:2枚   ● 組立て所要時間:30分(目安) STEP折る箇所を湿らせる   付属の「簡易組立順を兼ねたパターン」やパーツ表面の案内線を参考に折る箇所を湿らせる。   革の部位によっては、部分的に湿らせると乾燥後に水跡が残ることもありますので気になる方はパーツ全体を霧吹き等で湿らせてください。その際、湿らせ過ぎると革が伸びたり、変形しやすくなりますのでご注意が必要です。また、こちらのページで「革の湿らせ方をいくつかと、それぞれのメリット・デメリット」をご紹介していますので参考にしてください。 STEP折り順に従い折る(付属の簡易組立順を参照) 折り順①→②→③と折ります。   ① パーツA山折1箇所、パーツB山折2箇所。     ② 山折4箇所。     90°山折1辺2箇所。     折り目をつけたら、組み立ての為に一度戻します。     革を湿らせて折る際、指に染料がつくことがございます、気になる方はビニール手袋やゴム手袋を装着してのご製作をおすすめします。また、下に紙などを敷いてください。 STEP「A」を留める パーツAの「A」の部分を留めます、付属のピンセットを使い、こちらの「留め方の詳しい手順」などを参考に行なってください。     パーツを留める際は、革の引き裂きにご注意が必要です。強く引っ張たりせず、付属のピンセットを使うなどして上手く留めてください。 STEPパーツAをパーツBに差し込む パーツAをパーツBの切り込みに差し込みます。     パーツAに入った5mmの切り込みの位置まで差し込んで留めてください。     計2箇所です。   STEP差し込んだ部分を留める 差し込んだパーツAの部分を留めます。   STEP「B」に差し込む 先程と同じ要領で、パーツBをパーツAの「B」の切り込みに差し込みます。   STEP「C」を留める 差し込んだパーツBの「C」部分を留めます。   FINISH完成です   「パーツの取り付け方」はこちらで詳しく説明しています。   記載している手順や組立て方は一参考例です、必ずしも上記の方法で行う必要はございません、何かご不明な点などがありましたらお気軽にお問い合わせください。
投稿記事の一覧を表示